Signboard13

title

街を歩けばいろいろな看板を見ることが出来る

皆さんは看板というものからどんなことをイメージするでしょうか。
行燈と呼ばれるものが光り輝くネオン街、昼時のランチタイムではお店のまえに建てられているメニューもそうですが、山の中で迷わないように立てられている案内板などもあります。
こうして考えると私たちの生活においてとても深い関わりを持っていると言えるでしょう。
お店ではどんなサービスを行っているのかを知ってもらうためにも宣伝が必要です。
どんなに素晴らしいサービスを行うことが出来てもそのサービスを知らなければ誰も利用することが出来ません。
そういう意味でも街を歩けばいろいろな宣伝や広告としても利用されたものを見つけることが出来ます。
看板といってもいろいろあり、材料としては木、金属、アルミ、プラスチックなど様々な素材で作られます。
最近では省エネ技術を活かしたエコロジーな光るLED看板が流行です。
色やキャッチなフレーズを流すことで歩き行く人にアピールすることが出来ます。
目に飛び込んでくる新鮮な言葉やデザインによって興味を持った人はお店を利用してくれるでしょう。
人の暮らしを便利にするために発展してきた科学技術は、現代社会においても人を惹きつけ楽しませるといったことにも活用されているのです。

事業展開で考慮すべき看板の使い分け

店舗を構えて商品やサービスを提供する事業を展開していく上でお客を獲得するためには宣伝広告を行うことが必要です。
そのために最も有効であって手抜かりが許されないのは看板です。
店舗がどこにあるかやその店舗がどういったものを提供している場所であるのかといった情報が終結しているのが看板であり、街行く人たちが注目するようなインパクトのあるものになっていることによってその存在を知らしめることができるようになります。
デザインを一つとっても周囲に同化してしまうようなものであっては効果が薄く、むしろ際立って見えるような工夫をすることが大切になります。
数種類のものを用途に応じて使い分けることも重要な観点です。
店舗の名前を掲げるものは大きく堂々としたものでずっと同じものを使い続けた方が人々の記憶に定着します。
一方で、実施しているサービス内容に関わるものについては必要に応じて更新できるような立て看板を使ったり、黒板を代用したりするといった工夫を凝らすことが大切です。
見た目で様子が変わっていることによって活発に営業を行っている店舗であるという印象を与えることができるため、お客による利用を促せると期待できるからです。

『看板』 最新ツイート

@myplacepromised

@mamacharikurosu 真夏の4500は、聞いてるだけで干からびそう ・・・(;´Д`) 寄り道こそ自転車旅行の醍醐味ってのはありますねぇ。なんたらnational monumentまであと○マイル!とかいう看板に幾度となく踊らされた記憶が 笑

27秒前 - 2015年07月28日


@YukinA_NicoNiko

@tsubaki11_15 ほほぅ 色綺麗だから看板に惹かれてしまったw

32秒前 - 2015年07月28日


@Korea_Topic

74年に破損の看板公開=文世光事件の反日デモで―在韓大使館 http://t.co/GMNn1TTwfM

1分前 - 2015年07月28日


注目サイト

人気の一升餅で、満一歳のお誕生日を皆様で御祝いを!

一升餅 人気

お客様が納得いくまで、ご希望に沿って作成致します。

会社ロゴ 作成

あなたのカーライフ応援団を目指します。

東京の自動車学校

独特の雰囲気をホスト達のムービーで体験

ホスト ムービー

各ご家庭の状況に応じたアフラックの保険をご案内致します。

アフラック募集代理店 春日井市

可愛くて品質が良くて格安!と花嫁さんに即決される事が多い結婚式招待状・席次表の通販ショップです。

手作りの結婚式招待状

豊富な種類から選べるレンタル着物で京都を満喫!

京都 着物レンタル

最終更新日:2015/7/27


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 Signboard13 ALL RIGHT RESERVED